たるみは目の下に忍び寄る|加齢のトラブルを撃退しよう

レディー

治療と予防法

照射

にきび跡を治す治療は、皮膚科系のクリニックで受けることができます。一般皮膚科では、にきびの保険治療ができますが、治療の方法は限られます。美容皮膚科は保険が効きませんが、保険治療よりもワンランク上のにきび跡治療ができます。治療の種類には何種類かあります。皮膚の再生能力を高めてにきび跡を治す治療に、フラクセルレーザーやフォトフェイシャルがあります。フラクセルレーザーには、細胞をリセットして再構築をする効果があります。照射をするだけで、ニキビ跡のクレーターの凸凹を治す効果があります。フォトフェイシャルは、色素沈着に有効です。にきびが炎症したあとに出来ることが多い、茶色や赤色のニキビ跡を消す効果があります。

レーザーやフォトフェイシャルは美肌効果が高い治療です。にきび跡だけではなく、コラーゲンやエラスチンを生成して肌のしわを治す効果もあります。ただし、にきび跡のクレーターがひどい場合は、十回以上繰り返して治療をする必要があります。何回も治療を受けるために、通院しやすい美容皮膚科クリニックを選ぶ必要があります。また、クレーターの凸凹があまりひどいと、レーザー治療では完全に治せない場合があります。そうなると皮膚移植などの手術をするしかなくなります。クレーターは真皮層の組織が破壊されることでなります。皮膚が固い人ほどにきび跡がクレーターになりやすくなるので、保湿をして角質を柔軟にしておくことが大切です。